<先端人工知能論・Deep Learning基礎講座>最終報告会を開催しました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

 2017年1月21日(土)、株式会社ドワンゴのセミナールームを提供していただき、情報理工学系研究科授業科目「先端人工知能論Ⅰ/Ⅱ」と自主講義「Deep Learning基礎講座」(NEDO/AIRC=東京大学人工知能先端技術人材育成講座)による合同最終報告会を開催しました。

 

 コンテスト形式でチーム発表を行い、教員団による審査の下、講義別に最優秀賞1チーム・優秀賞2チームを選出しました。

 

<大学院生-先端人工知能論枠>
最優秀賞:チームG「引き分けオセロ」
優秀賞 :チームB「Program Induction Using Reinforcement Learning」・チームH「探し物み~つけた!」

<最優秀賞>チームG

<優秀賞>チームB、チームH

 

 

 

 

 

 

 

<ユース-Deep Learning基礎講座枠>
最優秀賞:チームD「ドラマにおける新垣結衣のシーン抽出」
優秀賞 :チームC「話者の識別」・チームF「Artificial Chiebukuro」

<最優秀賞>チームD

<優秀賞>チームC,チームF

 

 

 

 

 

 

 

また、基調講演ではGoogle Research EuropeよりDaniel Duckworth氏にご登壇いただきました。Googleで行われている深層学習の研究開発や、それがGoogleのサービスにどう活かされているかについて紹介があり、誰もが日常利用しているサービスの技術的背景を知ることができました。質疑応答の時間では会場から多くの質問が寄せられましたが、Duckworth氏は時折ユーモアを交えながら丁寧に答えてくださいました。

Daniel Duckworth氏

最後に全員で記念写真を撮影し閉会となりました。

<2016年度修了者数>
学生:30名
  社会人:18名